• トップ /
  • 賃貸の契約成立までの流れ

賃貸契約の正式契約

一戸建ての家探しのコツ

賃貸契約前の重要事項説明

気に入った賃貸物件物件に入居申込みをして入居の審査に通ると、正式契約のためのステップに進みます。正式契約の前には、重要事項説明があります。重要事項説明は不動産取引の法律である宅地建物取引業法でも義務づけられていて、宅地建物取引主任者の有資格者が書面を使って行うこととされています。重要事項説明では、その賃貸物件について設備や費用、注意事項や禁止事項などについて全ての確認が行われます。重要事項説明を受けて全ての内容を理解しまた納得したら、正式に契約書を取り交わして契約成立となります。

賃貸の物件を検討する

賃貸といえば、不動産会社がよく紹介しています。最近ではインターネットで情報収集することができますので、自分が検討している地域や価格などで調べることができます。ある程度調べてからは、不動産会社に相談することです。最近では仲介手数料を割引したり無料を売りにしたところもありますので、どこの不動産会社に依頼するのが良いのかも検討の材料となるでしょう。賃貸についてよく分からない場合には、よく専門家の話を聞いて理解してからが良いです。

↑PAGE TOP