• トップ /
  • 一戸建ての家探しで注意する事

家探しで重要な事とは

一戸建ての家探しで注意する事

家探しでは環境にも注意

住宅の広さや間取りやデザインは家を探す上で大切な要素ですが、周辺環境が住宅として住む場所として良い環境かという事と災害に対して強い土地であるかという事も大切な事です。周辺の環境については一戸建てを購入する業者に聞くのも良いですが、より客観的に周辺の騒音などがないか確認する為に自分で現地に行って確認するべきです。平日と休日や昼間と夜間で状況が変わる場所もあるので、家探しをする時はそれぞれの状況を確認すると良いです。一戸建ての家探しをする時に建物の安全性に注意しても土地の安全性に注意していないと災害に弱い土地に建っている一戸建てを選んでしまう事があります。地盤が弱くて地震の時に揺れやすい土地だと揺れによる被害が出やすいですし、液状化のリスクが高い土地だと建物が地面から傾く被害を被る可能性があります。災害のリスクが高いと財産を失う経済的な損失だけでなく、命の危険に晒されるので注意しなくてはなりません。地盤調査の費用を出し渋って災害リスクが高くて、安全性が低い住宅を購入してしまうと長期的に考えて得とは言えません。そのため家探しをする時は費用がかかっても土地の安全性を調査して正しく把握するべきです。

↑PAGE TOP